DIARY
←TOPへ戻る  next→

※「DIARY」なので、かなり「徒然なるまま」に書いています。(汗)
従って、文章にはまとまりがなく読みづらいですが、あしからず。m(--)m

2001年8月某日

「管理人夫妻のうちの妻」こと私がNYに到着した日です。
(夫は私よりも早くこちらに来ていました。)
部屋はまだあまり物がなく、がらんとした雰囲気でした。(男性一人で生活していたせい
でしょうか。) 日本で結婚生活を既に送っていた私たちでしたが、「先進国へ来るのだし、ましてや田舎に住むわけではないのだから、現地で何でも調達出来るだろう。」と考えていました。
私も到着したものの、荷物が来るのはまだ先のことでしたので「さあ、早く日用品を
買わなくては!」とまず最初に思ったことを覚えています。

その日の夜は「RIVERDANCE」を観にいきました。。
私は、この「RIVERDANCE」が大好きで、日本での初演の時からずっと欠かさず
観ていました。2001年は、日本公演は11月だったので、「残念だけど観るのは無理だ」
と思っていたところ、何と幸運にも私の到着日がNY公演の最終日でした!!
あきらめていたのに、最終日に観れるなんてとてもラッキーでした。
日本では私はいつも「東京国際フォーラム」で観ていましたが、とても大きな会場で
やっていたので、間近で観ることは出来ませんでした。
ですが、NY会場は小さく客席の角度も急なので本当に良く見えました!!
公演中に感じたことですが、日本で盛り上がる場面とこちらで盛り上がる場面が
若干違うのだということです。勿論、作品自体が全てにおいて素晴らしいものですが
その中でも更に会場が盛り上がる場面というものがあると思います。
そういった事も、国民性の差が出ているようで新鮮でした。


2001年8月某日

到着日の夜に、「RIVERDANCE」を観にいくという強行を図ったせいで
しょうか・・・突然体の調子が悪くなってしまいました。
仕方ないので、病院に行く事に。言葉の問題もあるので日本人のドクターの
いるところを探しましたが、こちらでは原則先立って「予約」をしないと診て貰えません。
何とか電話をして、突然でしたが診察して貰いました。
日本でしたら、自宅や職場から歩いて行ける所に嫌というほど診療所や病院が
ありました。そして、時間内は勿論のこと休日診療や夜間診療もあったのに・・。
そちらで慣れていると、こういった小さな差が身にしみるものですね。。。

2001年9月11日
この日の出来事はページを作成しましたので、そちらをご覧頂ければ・・と
思います。



TOPへ戻る   next→
SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー